ニュース

児童文学・昔話研究室 「星のおはなし会」を開催しました

 

10月21日(土)、人間科学部 児童学科 児童文学・昔話研究室が東京都市大学 夢キャンパスにてプラネタリウム解説員の岩上洋子さんをお迎えし、「星のおはなし会」を開催いたしました。

 

 

 

岩上さん手作りの約2メートルのドームの中に空気を入れ、みんなで中に入りました。お星さまを見るときは南の方向を基準にすること、秋の一等星はひとつしかないこと、まずは星の名前を覚えることから始めるとよいことなどなど基本的なことを教えていただきます。「人だってお友達になりたかったら、まずは相手の名前を覚えるでしょ」。そうですね。お星さまと仲良くなれそうな気がしてきました。

 

 

 

岩上さんは子どもたちに「広い宇宙で唯一、人間が住む地球、その珍しい星地球に生まれた命の貴重さに気づき、自分の命も他者の命も大切にして欲しい」という気持ちで ミニプラネタリウムの解説をされていると伺いました。絵本や折り紙をきっかけに子どもたちを星の世界にいざなう学生たちと、信念と熱意に支えられたプラネタリウムで命の大切さを伝える岩上さんとのコラボレーションは大成功だったと言えるでしょう。

今回と同じイベントが、来たる11月4日5日東京都市大学等々力キャンパスで開催される「等々力祭」において、等々力キャンパス3号館2階の「ぴっぴ」で開催されます。

11月4日(土)①11:00~11:40②12:00~12:40③13:30~14:10④14:30~15:10

11月5日(日)①10:00~10:40②11:00~11:40③12:00~12:40④13:30~14:10

今回参加できなかった方は是非等々力祭へお越しください。