ニュース

子育て支援センター「ぴっぴ」

子育て支援センター「ぴっぴ」は東京都市大学構内に設置された支援センターで現在までに12万人の利用者がいます。ぴっぴには専門の保育士がいます。直接子どもを保育することはありませんが、保護者のお手伝いをします。また、大学の心理学や保育学の専門スタッフや保育学を学ぶ学生ボランティアがお手伝いします。児童学科の学生は一年間しっかり保育の基礎を学んだのち二年生から入ることが出来ます。子どもの様子を観察するだけではなく、保護者の方たちからも様々な子育ての話を伺ってより深く子育て支援について学ぶ場になっています。