小学生・中学生のための「科学体験教室」が83日世田谷キャンパスにて開催されました。実験・ものづくりなどの体験学習を通じて、子どもたちの科学技術・理科に対する関心を高め、学習意欲の向上、創造性や知的好奇心・探究心の育成を目指すもので、2002年度から毎年開催し、今年で15回目になりました。

教職員と院生・学部生が主体となって、子どもたちに大学で科学の不思議や面白さ、ものづくりの楽しさを味わえるようテーマを選定、今回は53のテーマで多くの来場者を迎えました。人間科学部児童学科では、ドラマ・演劇が専門の小林研究室と幼児教育が専門の石井研究室が参加しました。

■小林研究室「水の循環を知ろう!」

①④

小林研究室では、3・4年生のゼミ生6名と「水の循環を知ろう!」という科学体験教室を実施しました。紙と割り箸でつくるペープサートを通して、水がどのように循環するか、ということを体験するブースでした。

学生たちが、ペープサートを使って演じて、それを子どもたちが観客として見て、それから実際に子どもたちがペープサートを作って、演じてみました。最初は恥ずかしがっていた子どもたちが、繰り返し演じるようになり、最後はナレーター役にもなっていました。保護者の方々は、ペープサートを演じているお子さんを写真で撮ったりビデオで撮影したりしていました。

参加した学生たちの「楽しかったー!」というコメントを聞いて、今年も参加してよかったと改めて思いました。

② ③

■石井研究室「ゴムの力(ちから) ゴムの力で走るカー!?」

エコをコンセプトとし、ペットボトルの蓋(タイヤ)、ボール紙(車体)、輪ゴム(動力)など用いて、ゴムの巻き戻しを利用した車を製作しました。

〜 前日まで 〜

ゼミ生たちは、企画、計画、準備、実行とすべての行程を自分たちで進めてきました。どのようにしたら子どもたちが楽しめるのか、どのようにしたら子どもの頃遊んだミニカーのように走るのか、試行錯誤しながら考え抜き、前日の夜遅くまで準備を進めてきました。

⑤-1-1 ⑥-1

〜 当日 〜

朝、セッティングの最終チェックを行い、細かいところにまで気を配って追加準備をしました。子どもたちが入場して席に着くと、すぐに子どもたちと打ち解け、優しく丁寧に作り方を説明しながら製作を進めていきました。また特設のレースコーナーでは子どもたちと一緒に車を走らせたり競争したりするなど楽しい時間を過ごしていました。

⑦-1 ⑧-1

〜 終わったあとで 〜

ゼミ生たちは、「企画や準備、当日の動きも友人らがいてくれたから子どもたちを笑顔に出来たのだと思う」、「子どもたちと楽しく関わりながら製作をできたので良かった」、「『これがやりたかった』と言って会場に来てくれた子がいた」、「『来てよかった!』と子どもが言ってくれた時は、やってよかったと思った」、「子ども達の笑顔に元気付けられた」、「子どもたちの笑顔や作成中の少し悩んでいる顔、どの表情もとてもキラキラしていた」という声が聞かれました。

この体験を通して、子どもや仲間を思うこと、計画し実行すること、試行錯誤をしながら解決していくこと、悩んで乗り越えて達成感を味わったことなど多くの学びがあったようです。

「誰よりもキラキラしていたのは君たちでしたよ」と思うゼミ担当でした。

⑨

 

IMG_1469

人間科学部 早坂信哉教授が女性誌「STORY」より取材を受け、記事監修いたしました。

「STORY」9月号(P212-215)「お風呂で美人は本当だった!」に掲載されております。是非ご覧ください。

関連リンク:http://storyweb.jp/articles/-/2437

IMG_8485

 

DSCN1612 DSCN1568

2016年7月12日と15日にスウェーデン大使館からの依頼により、等々力キャンパスのスタジオシアターにおいて、スウェーデン人の演出家であるバーント・フーグルンド氏と俳優で歌手であるレーナ・リンデル氏による演劇ワークショップを「保育の表現技術(言語表現)(1)」の授業で行いました。スウェーデン大使館広報・文化担当官がスウェーデン語の通訳をしてくださいました。

最初、学生たちは、初めてスウェーデン語を聞いて驚いた様子でしたが、すぐにバーントさんとレーナさんの明るい雰囲気に引き込まれ、楽しそうにアクティビティをしていました。スウェーデンでも「まねっこ遊び」や「椅子取りゲーム」をするということを知り、子どもたちは同じような遊びをしている、と体験を通して学びました。

最後に子ども時代の印象に残っていることを話し合い、その場面を演じてみるというちょっと難しい活動をしましたが、みごとに演じて、拍手喝さいでした。バーントさんもレーナさんも恥ずかしがり屋の日本人が多いのに、東京都市大学の学生さんは、表現力がある、とコメントして下さり、学生たちは大喜びでした。

DSCN1594 DSCN1600

IMG_8111

平成28年8月6日(土)・7日(日)に東京都市大学等々力キャンパス(東急大井町線等々力駅下車:徒歩10分)においてオープンキャンパスを実施いたします。

【当日のスケジュール】

H28.8.tc.OC2

image03 image01

この機会に是非東京都市大学等々力キャンパスへお越しください。

たくさんのご来場を心よりお待ちしております。

 

84日 (木)にイタリアのボローニャにある乳幼児のための劇団であるラ・バラッカ劇団の演出家と俳優が、国際インターンシップの研修先の交渉と今後の特別授業の可能性について東京都市大学を訪問予定です。

乳児や幼児が演劇を観るのだろうかと疑問に思われるかもしれませんが、実際に目の当たりにすると乳幼児がいかにすばらしい観客であるかがわかります。

ボローニャでは、ラ・バラッカ劇場で毎年乳幼児のための文化と演劇国際フェスティバルが開催されています。

IMG_5707 IMG_5689

IMG_20151005_200604

2016年7月25日(火)に4回(00:30〜、06:30〜、12:30〜、18:30〜)にわたって、早坂教授がNHK world「Medical Frontiers」に出演しました。

NHK worldはNHKの海外放送サービスで、衛星放送等を通じて世界140カ国で視聴可能です。

「Medical Frontiers」は日本の医療を海外へ紹介する28分の番組です。今回のテーマは日本の温泉で日本特有の入浴法について早坂教授が入浴の専門家として解説しています。

なお、2016年7月25日から2週間の間、NHKワールドのオンデマンドで無料で視聴できます。

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/medicalfrontiers/

図1

 

全国社会福祉協議会が発行する「保育の友」8月号に、園田講師の記事が掲載されました。

テーマは「これから求められる主任保育士・主幹保育教論の役割」です。

社会全体で子育てを支える時代を抑え、保育所や主任保育士・主幹保育教論が果たすべき役割について解説をしています。

 

DSCN1888

「保育の表現技術(身体表現)(1)」の授業に、NHKテレビ・ラジオ体操の“新お兄さん”として話題沸騰中の鈴木大輔先生がいらっしゃいました。

鈴木先生には人間科学部開設以来毎年、特別講師として授業に来ていただいています。今年度は、7月8日と15日の2回にわたり、マットや跳び箱を使用した運動遊びの展開について、保育現場の現状や体操界の最新情報等のご講義も交えながら、ご指導いただきました。マット運動や跳び箱運動が苦手な学生も、鈴木先生の熱心なご指導のもと、大粒の汗を流しながら必死で取り組み、体育館は熱気に包まれました。

鈴木先生はもちろん体操の指導者としても超一流ですが、先生のご経歴が魅力的なのです。高校では野球部で甲子園を目指し、大学では体操部で、あの“ひろみちお兄さん(佐藤弘道氏)”の後輩として、一緒に舞台に立ったご経験もお持ちです。大学卒業後は高校教師を経て、現在は、保育所・学童保育所・放課後等デイサービス施設の運営にも携わっていらっしゃいます。何にでも興味を持ったら迷わず挑戦する鈴木先生。まだ卒業生が少ない児童学科の学生にとって、鈴木先生がひとつのロールモデルとなれば…と、毎年、来ていただいているのです。

授業終了後も、学生たちは鈴木先生を囲み、熱心に質問をしていました。

NHKテレビ・ラジオ体操 https://pid.nhk.or.jp/event/taisou/taisou.html#section3

社会福祉法人にじのいえ http://www.nijinoie.or.jp/

DSCN1935 DSCN1937

学生 レーナさん

7月16日に等々力キャンパスにおいて、学術講演会を開催しました。スウェーデンで活躍される女優・歌手のレーナ・リンデル氏を招き講演を行っていただきました。

リンデル氏に、スウェーデンにおける子ども観と教育との関係、子どもの文化(文学と演劇)についてお話していただきました。

お話の内容を要約すると以下のようになります。

スウェーデンでは、第二次世界大戦後、それ以前に主流だった大人目線のしつけを反省する機運が高まりました。1960年代以降、子どもの目線に立った幼児教育が発展し、1980年代に子どもは大人社会における弱者であると皆が考えるようになったことを機に、子どもへの体罰を禁止する法律、子どもオンブズマン制度の設立など子どもの人権を擁護する社会制度が整いました。

現在では、子どもたちに話をさせて議論をさせること、子どもたちに自分の考えを絵に描いて示すなど視覚的表現を促すこと、子どもたちが議論や表現できる状況を教師が設定することから成り立つ、対話を重視する教育方法が学校教育において、重要視されています

その背景には、子どもとは、もともと能力を有する個性的な存在であり、大人の役割は、子どもがもともと有している個性を発見し、さまざまな能力を伸ばしていくことにあるという、スウェーデンでは一般的な考え方があります。

また第二次世界大戦後、子どもと一体感を持って、子どもの視点で作品を描く児童文学作家が登場しました。その代表作が「長くつ下のピッピ」であり、主人公のピッピはユニークな個性と創造性をもつ新しい子どもとして描かれました。1960年代以降、様々な「家族」がテーマとして取り上げられ、1960年代から1970年代には、シングルマザーやシングルファーザーの家庭が、2000年代には同性婚の両親や親子間の友情が描かれるようになりました。

スウェーデン国内の子どもと若者のための劇団は、「全ての子どもは芸術文化に触れる必要がある」という考えのもと、幼稚園を訪問し上演するなどの活動を行っています。対象年齢によって、上演時間、その年代の子どもの視点が描かれているかが、重要視されます。

子ども時代に、以上のような教育・文化を受容したスウェーデンの若者たちは、高校卒業後、仕事を求めて海外に出る者が多いのですが、彼らは海外で雇用主から、チームワーク、独自性、自立性、創造性等の点で高い評価を得ています。

 

7月12日に長谷部健渋谷区長が職員の方とともに来校されました。

区長は、本学科の4年生の保育者を目指す学生達を前に、渋谷区の保育・幼児教育への思い、現状、展望等を話されました。区長自身も3児の父であり、区長の熱心な話に学生達も耳を傾けていました。

また、職員の方からは、保育所、認定こども園についての話や公立保育士を目指す人への助言等があり、進路を決めるにあたり、大変参考になったという声が多く聞こえました。

DSCN1727 IMG_8385